急速な少子高齢化が進むなか、生産性の向上は日本の喫緊の課題となっています。しかしながら、OECDの調査では日本の生産性は37年連続先進7ヶ国中で最下位という結果になっています。

私たちは生産性向上の鍵は、テクノロジーを活用した業務のIT化であると考えています。
Sharing Innovationsはソフトウェア・システム開発をはじめ、クラウドインテグレーションやRPA、AIなど、最先端のテクノロジーを活用したソリューションをお客様にご提供することによって、日本社会の生産性向上と持続的な成長を支えていくことを使命としております。

今後も、テクノロジー領域では様々なイノベーションが生まれ続けると予想されますが、そのような進化に一早く対応し、新たなイノベーションの果実をご提供できるエンジニアの育成に努め続け、お客様のベストパートナーとなるべく邁進していく所存です。