お知らせ

株式会社クラフトリッジの株式取得(子会社化)に関するお知らせ

株式会社Orchetsra Holdings(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:中村 慶郎)の子会社であるSharing Innovations(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳 径太)(以下、「当社」)は、以下のとおり、株式会社クラフトリッジ(以下、「クラフトリッジ社」)の株式を取得し、子会社化することについて決議し、株式譲渡契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

1. 株式の取得の理由

Orchestra Holdingsグループは、企業ビジョンである「創造の連鎖」の実現を目指し、インターネット広告代理事業を中心としたデジタルマーケティング事業からスタートした事業領域を、オンライン相談プラットフォームを運営するライフテクノロジー事業へと拡大して参りました。

2017年には、IT利活用の多様化・高度化に伴うIT需要の拡大に対応し、他先進国に比して低位に留まる労働生産性の改善や急速に進行する少子高齢化、働き方改革など、現代日本が抱えている社会的な課題を解決するため、システム開発、クラウドインテグレーションを中心としたソリューション事業を、当社にて開始いたしました。
当社はOrchestra Holdingsグループにおける新たな事業の柱としての確立を目指し、積極的な人材採用とM&Aの活用により、体制の拡充を進めております。

テクノロジーを駆使して多様な作業をIT化する事は生産性改善の鍵の一つですが、経済産業省の調査によれば、IT市場は今後も拡大を続けることが見込まれ、IT人材不足は今後ますます深刻化し、2030年には約59万人程度までIT人材の不足規模が拡大するとの推計結果が出ております。(出所:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」
この度、当社が子会社化するクラフトリッジ社は、ITエンジニアを中心とする開発チームを有しており、大手企業等からの多様なシステム開発案件の受注実績を有しております。同社の子会社化により、ソリューション事業における開発体制を更に強化し、拡大を続けるIT市場における需要を積極的に取り込み、当社の企業ビジョンである「ITエンジニアの教育・育成で日本の発展と生産性向上を牽引する」の実現を加速させることが出来ると考えております。

更に、Orchestra Holdingsグループがデジタルマーケティング事業やライフテクノロジー事業において保有する専門性との連携により、マーケティングオートメーションなどの新たなデジタルマーケティングの潮流を捉えた成長分野への展開、ディープラーニングモデルを活かしたツール開発等、中長期の柱となる事業の創出を加速させ、企業価値の継続的な向上を目指してまいります。

2.クラフトリッジ社の概要

(1) 名称 株式会社クラフトリッジ
(2) 所在地 東京都新宿区西新宿七丁目20番1号
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 女鹿 慎司
(4) 事業内容 システム開発業
(5) 資本金 20,000千円
(6) 設立年月日 2017年11月1日